何があっても大丈夫地蔵尊

境内の松枯れした残木。数年放っていましたが、高木勇治さん、当時83才に出会い、製作を依頼しました。

何か見本が有ればと言われ、とっさに、手元にあった、陶芸家、田井さん製作のかわいい傘地蔵を渡しました。

重い重い松の木を、高木さんの小屋まで運び、待つこと数ヶ月。

出来上がりました。一躍通りの人気者です。

無常でなにかと不安がつのる中、お地蔵さまは、大丈夫だよ、それでいいんだよと、拝む人を包み込んでくださるようです。

他にもこんな見どころがあります