草木にあう 人にあう み仏にあう 春彼岸(掲示板2022年3月)

草木にあう 人にあう み仏にあう 春彼岸

今年は雪が多少多かった。池田の山に行くと、それこそまだ山のような雪に覆われています。

雪国では、雪が消えると、待ちかねたように草が、新芽の蕾がイキイキとしてきます。

でもまだか弱そうな草です。知らず、頑張れよと、声をかけたくなります。

陽光がさし始めると、悲心さまの前にも人の姿が見えるようになります。

そんな姿一つひとつがみ仏の姿と思えます。

この記事を書いた人

諏訪 普現

昭和24年10月1日 小田原にて生まれる。6才から武生の庵寺で育つ。昭和53年28才福井市霊泉寺住職。翌年、鯖江市長禅寺兼務住職。昭和62年から平成元年にかけ、禅林寺、長禅寺同時期に本堂再建。平成2年より武生市金剛院、福井市禅林寺住職。同時に伝道掲示板書き始める。平成30年、禅林寺に慈恩立ち直り観世音石像建立。 現在、福井刑務所教誨師。